ミドリムシとクロレラの違いはなんなの?

ミドリムシとクロレラの違いはなんなの?

一見同じ藻の一種であるクロレラとミドリムシで健康面への効果もどちらも高いと共通点が多いですがこの二つに違いはあるのでしょか。

 

まずクロレラですがこれはミドリムシと同じ葉緑素をもち、光合成を行うことができ昔から健康サプリメントとしてミドリムシよりも人気がありました。

 

またクロレラとミドリムシのサイズを比べてみると、クロレラの直径は2〜10μmに対してミドリムシは長さで30〜100μm、幅は10μmになり体積だけでも3000倍は違います。ここまでサイズが違うと含まれる栄養分にも違いがあることがわかります。そしてミドリムシとクロレラの大きな違いは、クロレラの特徴は植物プランクトンであり植物としての栄養が豊富に含まれています。

 

しかしながら、ミドリムシには動物と植物の両方の性質を持った生き物なので植物としての栄養が豊富にあることはもちろん動物性の栄養素を持っていることが大きな違いです。それにより動物からしかとれないDHAやEPAの栄養素があるため、総合的にみてもミドリムシが断然バランスがとれたものと言えるでしょう。どちらにしてもミドリムシかクロレラを補給することで野菜不足は解消できるといえます。

 

それ以外にも、クロレラは植物のため細胞が固く消化吸収率は40〜50%しかないのに対して、ミドリムシは細胞は柔らかい細胞膜でできているので、消化されやすく栄養素を吸収しやすいのが特徴で、消化吸収率は95%とも言われています。このようにクロレラとミドリムシを比べると断然ミドリムシがずば抜けたものとわかることでしょう。