骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症の検査

骨粗しょう症の場合、まずは骨密度の測定をする必要があります。骨密度というのは骨の強さを判定する尺度であり、検査法はDXA法、超音波法、MD法があります。またレントゲン検査や身長測定も検査する方法としては有効です。

 

これらの検査によってどういう状態なのか診断の基準も覚えておきましょう。診断の決め手は骨の脆さ、転倒などの衝撃で骨折する脆弱性骨折があるかどうかになります。本人が自覚していないのに生じる骨折もありますのでレントゲン検査は必須になります。具体的には、そもそも骨密度の正常値というのは基準の80%以上となっていますが、70%〜80%の間の方は要注意、そして70%以下になると骨粗しょう症になります。また、背骨のレントゲンで脆弱性骨折がはっきりと見られる場合も骨粗しょう症であると診断されます。

 

もし骨粗しょう症と診断されましたら薬物治療が中心となりますが、その上で生活習慣も改善しなければいけません。それによって予防することができますが、進行しすぎると要介護状態になってしまいますので気をつけておきましょう。ちなみに、これまでは薬物治療をするかどうかの判断は骨折の有無であったり、骨密度が用いられてきましたが、今では骨密度が正常でも骨折する人がいるので、WHOが今後10年の骨折リスクを評価する12個のチェック項目のFRAXという質問票を開発しました。それによって、正常な骨密度でも薬物治療を始めるかどうかを医療機関で判断するようになっています。

 

この12個のチェック項目は年齢・性別・体重・身長・骨折歴・両親の大腿骨近位部骨折歴・現在の喫煙の有無・現在のステロイド服用の有無・関節リウマチの有無・I型糖尿病、甲状腺機能亢進症、45歳未満の早期閉経など骨粗しょう症を招く病気の有無・ビール換算で毎日コップ3杯以上のアルコールを飲酒するかどうか・大腿骨頸部の骨密度となります。